恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

おっぱいと筋肉は全く別物という話

f:id:seenewworld8:20190428081701j:plain

あるナンパ師のブログを見て笑ってしまった。

彼にはこんなルーティーンがあるという。

 

女性とカウンターで横並びに座り、会えてドキドキしていると告げ、確かめてごらん?と自分の胸を触らせる(←え?)。女性は厚い大胸筋に触れ、性的なスイッチが入る(←ええ?)

 

お分りいただけだろうか。

 

男の筋肉は性的なアピールにならない。

 

断言できる。

 

筋トレしてもモテない!(日本では!)

 

もちろん筋肉が好きな女性もいるだろうけど、それは塩顔が好きとか色白が好きとかそういうカテゴリーのひとつとしてであって万人ウケするものでない。

 

だってananの表紙を飾るのも、少女漫画の王子様もいつだってガリガリ色白前髪のおカマ野郎なのだからモテるにはこっちに寄せていく他ない。

 

自分がコストをかけていることに対し意味があると信じたいのはコンコルド効果しかり理解出来るがモテるために筋トレをしているなら今すぐやめたほうがいい。

筋トレはどこまでも自己満足なものであり承認欲求を満たすことにはつながらない。

 

その点おっぱいは本当に強い…

 

おっぱいが嫌いな男はこの世に存在しない。そして巨乳ならもう世界に敵はない。よく『俺貧乳が好きなんだよね…』とか『女はおっぱいじゃなく尻なんだよなあ』とかスカしてる男がいるけれど、こういうひねくれ者は無視していい。女とはおっぱいです。筧美和子を目の前にしておっぱいが嫌いなんて言えるわけないのだから。

 

おっぱいは全男に通用する魔法

 

 

このようにおっぱいの前では全ての男は無力であり、筋肉はほとんどの女に通用しない。

 

本日は以上です。