読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

最低ラインに立つ為のファッション講座。はーと。

下衆系

f:id:seenewworld8:20170114113727j:plain

 

やっぱコスパ

SEIYUのキャッチコピー

 

はじめに断っておきますが僕はファッションについての勉強も1度もしたことがないど素人ですし、そもそも服にあまり興味がありません。ブランドだってほとんど分からないし、これからも知識を広げようとも思っていません。

 

 

ですが女性の気を惹きたいという一心でちょっと研究し、渋々重い腰を上げて服にも最低限の投資をしています。そして世の中の平均的な男性よりは魅力的な服装をしていると思っていますし、街に出て引け目を感じることはありません。

 

もちろんショップ店員とか服大好きさんから見れば超絶ダサい格好をしていると思いますが彼らに追いつこうとも思いません。

 

何故なら僕は最低限の投資で最大の効果を得るという点ではお得な買い物をしていると確信しているからです。

 

対象者。

30歳以下。

別に金持ちではない。

最低限の投資でコスパよくモテたい。

 

目的

女性目線の外見の足切りラインを超える。

 

服はとてもコスパの悪い買い物である。

 

モテようとして高価なブランドで着飾る人をよく見かけますがとてももったいないと思います。だって思いませんか?2万円の服が1万円の服の2倍モテるようになるなら喜んでその服を買いますが、現実はそうでしょうか。

 

それに服は消耗品ですぐ着れなくなってしまうし、そもそも一見して2万円の服と1万円の服の区別がつく人はいるんでしょうか。。

 

よくテレビで何百万円もするワインとコンビニで買ったワインをグラスに注いで一流芸能人が見分ける番組がやっていますが、それと同じでほとんどの人は違いを認識出来ません。

 

ユナイテッドアローズユニクロを瞬時に見分けそのセンスを評価してくれる女性がいれば僕はユナイテッドアローズで服を買いますが、全くそう思えない。

 

だから、僕の考えはこうです。

 

最低限の質を担保しているリーズナブルな服を買え。

ブランドにはこだわるな。

 

おしゃれだとモテるのか。

 

ダサいと当然モテませんが、ファッション雑誌に載っているレベルまでファッションを学ぶ必要はあるのでしょうか。

 

僕の考えはノーです。

 

最低ラインを超えてしまえばそれ以上のお金をかけて得られる効用は微々たるものだと思います。

 

おしゃれであるに越したことはないと思います。だけど例えば全身5万円もかければ最低ラインのファッションは完成すると思いますが全身10万円かけたファッションが5万のファッションの2倍女子からの評価が上がるとは到底思えなくて、せいぜい1.1倍とかじゃないですか。2倍の投資をして効果は1.1倍。別のところに金使った方が良いよね。

 

それにここ日本では、世界一真面目な日本人たちが毎日上司に怒られながら強い危機感を持って、より良い商品を生み出しお客さんに喜んでもらおうと猛烈に努力しています。結果、安くてそれなりに質が良くて様になる服を探すことは別に難しくありません。

 

最低ラインに立つ為のファッション講座。はーと。(スーツ編)

 

何年も着ることが出来てデザインもそれなりのスーツは1着3万円が相場です。これより出し惜しみすると質とデザインが落ちラインを越えられません。これ以上払っても加算金額に効用は比例せずコスパは落ちます。3万がコスパ最大の投資です。

 

但しこれは冒頭でも断ったように30歳以下の男性の場合です。ある程度年齢を重ねてくると3万のスーツは確かにチープな印象は拭えません。

 

貴方が本当に金に困っていないならルイヴィトンとかアルマーニにとかで服を買えばいいと思いますが価格に比例した効用は得られないと思います。

 

スーツを選ぶ基準は2つ、色柄、サイズ感これだけ気をつけて下さい。

 

まず色柄ですが、無地でグレー、ネイビーの2択です。この色はどんなシャツにも合いますし、無難です。それに別におしゃれさんを目指す訳ではないので柄も無地で十分です。ファッションの教養もないくせに冒険しても必ず失敗します。素人は黙ってグレー、ネイビー、無地を選びましょう。

 

次にサイズ感、必ず細身を選択して下さい。細身は動きにくいからゆったりしたサイズが良いなあと思う人は永遠にセックスできません。太っている人、セックスしたいなら細身のスーツが着れるまで体を絞りましょう。絶対的に細身のスーツの方が見栄えが良いです。ダボダボのスーツは禁物です。

 

次にお店ですが3択です。スーツセレクト、パーフェクトスーツファクトリー、スーツカンパニー、このどれかに行って下さい。東京のどこにでもあるスーツ屋さんです。僕は佐藤可士和がデザインに携わっているスーツセレクトでいつも購入しています。巷のおしゃれさんから見れば幼稚園レベルのデザインかもしれませんがファッション素人からすれば十分満足なレベルですし、全く不満ないです。

 

最低ラインに立つ為のファッション講座。はーと。(私服編)

 

ナンパを本格的にしたことがある人なら誰でも知っていることですが、ナンパの教科書にはどれも”女に不自由していないよう見えるように服装を整えろ”と書かれています。端的に言えば遊んでいる感じを出せということです。

 

よくある失敗がメンノン系に走る男。丸メガネにタートルネック、ロングコート、みたいな草食全開のファッションはおしゃれかもしれないですが、童貞臭がぷんぷんしてモテないと思います。

 

目的は見た目を整えて女を騙すことです。ファッションオタクになることは破滅への一歩です。

 

加えてそれなりに身なりに気を使う男の8割はこの路線を目指すので差別化できず競争が激しくなるのでお勧めしません。

 

ほとんどの芸能人がメンノン系ファッションをしている(坂口健太郎、星野源瑛太とか)ので自分も真似すればモテると勘違いしがちですが、彼らが女性から絶大な支持を得ているのは成功することがとてつもなく難しい芸能界で頭角を表し、富と名声を得ているからであって、服装がオシャレだからではありません。彼らはふんどしを履いていてもモテる例外的な存在です。

 

前置きが長くなりましたがモテる服装は2択です。オラオラ系(EXILEとか)、お兄系(三浦翔平、小栗旬、yasuとか)のどちらかです。街に出ると妙に綺麗な女を連れて歩いているのはこの2パターンのどちらかです。

 

僕はオラオラとは程遠い存在なのでお兄系で頑張っています。今では全くモテないですが、チャラーいと言われるくらい目の前の女性を騙すことはできています。

 

お勧めはAZULというお店です。moussyのカジュアルラインでユナイテッドアローズとかSHIPSとかみたいに意味不明に高くないし、何よりちょっとセクシーでチャラめの服が揃っています。 

 

ここで全身揃えれば事実は置いといてそれなりにモテそうという印象を与えることは出来ると思います。

 

 服が揃ったら後はもう、わかるよね。