読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

相席よろしいでしょうかからの…

 

 

 

f:id:seenewworld8:20161224084407j:plain

 

だってだってだって

ヤってサヨナラ

エロ/クリープハイプ

 

店員A『それでは相席スタートでえ~~~す』←本当に言ってた!!!

 

一同『カンパ~~~い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆』

 

巷で話題になっている相席屋にやってきた。

 

目の前には20代前半のOL。どうやら総合職でそこそこエリートらしい。

 

顔はそれぞれゆいPと湊莉久に似ている。

 

f:id:seenewworld8:20161224084751j:plain

 

f:id:seenewworld8:20161224084826j:plain

 

俺『よく来るの??』

 

ゆいP『いやああ、初めてですね~。お買い物してて時間余っちゃって』

 

ゆいPはよく食べる。太っている女は自分に甘く、美意識が低いので個人的にはあまり好みではない。

 

湊『よく来られるんですか?』

 

俺『いや~初めてで緊張で箸が震えてご飯がうまく食べられません。。』

 

ゆいP『箸持ってないですよね笑』

 

ちゃんと突っ込んでくれる。割と反応は悪くない。

 

今日の俺の相棒は高校の同級生でベンチャー企業の営業戦士をやってる。

上司に詰められすぎて目が死んでいるので鬱病と呼ぶことにしよう。

 

f:id:seenewworld8:20161224085249p:plain

 

鬱『お二人はどういう仕事してるの~?』

 

鬱病は完全なるAFCなので質問が真面目だ、俺が遊び人キャラでやっているので

フリが効かせられてちょうどいい。

 

ゆいP『銀行の総合職ですっ』

 

この顔で銀行に内定できたということは相当仕事はできるようだ。

 

湊『百貨店やで』

 

湊はなんと関西の国立大を卒業したエリートらしい。

斜陽業界の百貨店に就職したのはよく意味が分からんが。

 

鬱『すごいよね~、でも俺くんも実は結構いい大学出てるんだよ。』

 

鬱病は性格がいい。他人に自分を褒めさせるのはとても有効な手段だ。

自分から自慢するやつは女から足切りされる。

 

俺『いやいや、俺中卒でガテン系ですよお…』

 

ゆいP、湊『笑』

 

真逆のことを言うと大体ウケるので意識的にやっている。

 

60分経過…

 

相席屋は30分ごとに1500円課金されるシステムになっている。

 

大して大物でもない案件に90分は割きたくないし、

長居して相手に媚びている印象を与えたくない。

 

そして何より、

 

一番盛り上がっている時に帰る。

 

これはPUAの鉄則なのだ。

相手に余裕を感じさせ、かつまた会いたいと思ってもらえる確率が上がる最良の方法、

それは会話のピークにさっと帰ることだ。

 

俺、鬱『じゃあ拙者たちは引き上げますわ。Lineだけ交換しません?』

 

ゆいP、湊『オッケー^ ^』

 

翌日。

 

湊にLine『昨日はお疲れ~』

 

Lineゲットした当日にメッセージを送るとがっついた印象を与え、

分が悪くなるので俺は必ず翌日の昼送ることにしている。

 

ピコーン

 

湊『お疲れ~。楽しかったよ~。』

 

俺『わいもやで!』

 

湊『また良かったら飲みましょ~』

 

意外と食いついてくれているっぽい。

 

俺『じゃあ木曜は?』

 

湊『いいですよー!極力時間守りますけど遅れたらすみません。。』

 

俺『真面目か笑』

 

湊『俺くんと違って真面目ですよっ笑』

 

PUAの教えに忠実に従って女に不自由にしていないように見えるよう見た目を整えていたら、

いつの間にかほぼ100%チャラい認定をされるようになってしまった。

 

f:id:seenewworld8:20161224085356j:plain

 

俺『いやいや真面目さで言えば日本ではさかなくんか俺やで』

 

湊『はい、不真面目ーーー!笑』

 

関西の女の子は頭の回転が早く話していて面白い。

 

当日。

 

湊『お待たせーっ』

 

心なしか湊の目がキラキラしていて可愛い…

 

俺『何食いたい?』

 

最近は予約とかもせず当日ふらっと店に入ることにしている。

店のランクとセックスできるかは全く相関関係がない。

なら安い方がいい。

 

俺は甘太郎※芸人なので最後の選択肢として甘太郎に行くことは決めていて

その前に適当な店を女の子と探すことにしている。

 

※甘太郎

東京のどこにでもある居酒屋。安い、うまい、大体個室、静か、暗い、という最高の居酒屋。

ということもあり女子会率も高い店。プライドの高い女を連れて行くとたまにキレられるが

個人的に非常にオススメ。ナンパ師の中では鳥貴族が人気だけど、うるさいし、明るいし、

甘太郎に勝っているところが見つからない。

 

f:id:seenewworld8:20161224085630j:plain

 

キャッチ『ウイーーー、お店お探しっか?』

 

面白いからのってみよう

 

俺『ちょうど探してましたっ!なんかいいとこないっすか?』

 

キャッチ『お酒は飲まれまっか?ういー、安い方がいいっよね??笑』

 

俺『ツレがお酒飲みたくてしょうがないみたいなんで飲みホで安いとこで~』

 

湊『そんなこと言ってないやろ笑』

 

関西の子はイジってもちゃんと突っ込んでくれて優しい。

 

入店。

 

暗くて、安くて、飲み放題。最高の店だ。

 

会話の基本は共通点探し。ラポール構築。

 

基本相手に喋らせて自分と重なるところがあればひたすら同意する。

 

今回はとてもマイナーな漫画を二人とも大好きなことが判明しとても和めた。

 

つか湊めっちゃ酒飲む笑

ビールが止まらない。

 

フリッツみたいな細長いしょうもないお通しが出されていたので試しに食わせてみた。

 

指までくわえてくる。。

 

本日の勝利が確定した。

 

退店…

 

エレベーターでキス…

 

グダなし。

 

手を繋いでカラオケへ。

 

カラ館入店。

部屋IN。

 

俺は女の子とカラオケに行って歌を歌ったことがない。

キスがおいしー^ ^

 

お口で導いてもらいました^ ^

 

おっさんにガン見されたけどまあいっか^ ^

 

ここまで出会ってから合計3時間くらいしか経ってないけど

やっぱ時間は関係ないわ。

 

ムダ毛処理はしっかりしてて欲しかったな…

 

準即完了です。