恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

サラリーマン失格②

f:id:seenewworld8:20151012100807j:plain

 

 

仕事だから。19世紀の夜明けからこのかた、仕事だから仕方がないという言葉が虫も殺さぬ凡庸な人間たちから、どれだけの残虐さを引き出すことに成功したか、きみは知っているのかね。仕事だから、ナチスはユダヤ人をガス室に送れた。仕事だから、東ドイツ国境警備隊は西への脱走者を射殺することができた。仕事だから、仕事だから。兵士や親衛隊である必要はない。全ての仕事は、人間の良心を麻痺させるために存在するんだよ。資本主義を生み出したのは、仕事に打ち込み貯蓄を良しとするプロテスタンティズムだ。つまり、仕事とは宗教なのだよ。信仰の度合いにおいて、そこに明確な違いはない。そのことにみんなうすうす気がついているようだがね。誰もそれを直視したくはない。

 伊藤計劃虐殺器官

 

目が覚めるとどうも様子がおかしい。

白いはずの私の腕は真っ黒になっていて、

とりあえず用を足そうとトイレに入るもどうしても

座ることができない。

 

不信に思い、鏡を覗き込もうにも何故か身長が足りない。

ベランダに移動し窓ガラスに反射する自分を見つめると、

 

ー私は虫になっていた。

 

 

なんてことはなく、頭を垂れながら、自宅の鍵を閉めいつもの

電車に間に合うよう駅に向かって歩き出した。

 

すると曲がり角でトーストを口に咥えたままダッシュする若い

女性とぶつかり、彼女の服にはトーストのジャムがべっとりつき

シミになってしまった。

 

僕は不注意を詫びハンカチを差し出した。

彼女はいえいえと恐縮しながらそれを受け取り、

洗濯してお返ししたいので連絡先を教えて頂けないですかと

僕に尋ねた。

 

なんてこともなく、気づけば最寄りの駅に到着。

 

おずおずと歩いているとあるべき場所に事務所がない。

 

ー事務所は突如原因不明の爆発により跡形もなく消えていたー!

 

なんてこともなく、僕はついに座席についた。

 

そもそもこいつら会社に来るのが早すぎる。

早く来て早く帰るならまだいいのだが、早く来て

遅く帰るという、全く生産性ゼロの集まり。

 

日本人の生産性は先進国最低でお気楽ラテン系のスペイン人

イタリア人にも負けてるのは絶対お前らのせいだからな。

 

会社に居る時間を出来るだけ長くしているほうが

この会社ではポイントが稼げるらしい。

馬鹿としか思えぬ。

 

皆が頑張っているからその人たちを尻目に自分だけ先に帰るのは

忍びないし、不謹慎だとか、真顔で何度も説教されようと、

理解できないしする気もない。

 

 

 

日本人は農耕民族だから、田畑で収穫した穀物、野菜等が

主な食料となっていた。

 

収穫できる食料は限られているから、そこで協調しない人間は

村八分とされ、葬式、火事の消火以外は完全に周囲からの支援を

受け入れられない状態となってしまう。

 

農耕民族は周囲との協調性が自身の生死と直結するから、

周りの空気を読み、できる限り対立を避けようとするようになった。

 

一方で、狩猟民族の食料は動物だから農耕民族のように同じ場所に

留まる必要がなく、農業と違い、狩りであれば最悪一人でも可能だから

協調性は発達せず、獲物がバッティングした時、敵を殺してでも

家族を守る必要がある為、対立を恐れず強く自己主張するようになった。

 

そうだよ僕の先祖は狩猟民族なんや。だから協調性ないんや。

 

なんてことを考えている僕は全く日本的組織には

馴染まななくて、出世の可能性もゼロなんだと

最近気付いてしまった。

 

大体社会人二年目のこの時期には可愛い彼女と

同棲しているはずだったのだ。

 

家に帰ると彼女が出迎えてくれて、週末には二人でパジャマの

まま最寄りのTSUTAYAに行って適当な映画を借りて、二人で

乾杯しながら見ているはずだったのだ。

 

続く