読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

サラリーマン失格①

f:id:seenewworld8:20151003230333j:plain

 

トンネルを抜けるとそこは、砂漠だった。

 

50社以上からお祈りされ、完全に消去法で選んだ会社に

入ったのが去年の4月。

 

高校時代をドブに捨ててなんとか入った一流大学。

キラキラのはずの新卒カードで一流企業に楽々入社

して人生安泰コース

 

のはずだったが

自堕落な大学生活によって完全に輝きが失われた紋所は

その効力を完全に失っていた。

 

SNSでは友人たちがさりげなく自分たちがハイソサイティー

の仲間入りをしましたよ的な、つまらねー情報を

嬉々として日々更新している。

 

僕は砂漠のような会社に入った。

同期はいない。年の近い先輩もいない。

主婦とジジイが大半を占めるこの会社は砂漠。

 

オアシスは45分の昼休み。

これが無ければ僕は死んでいる。

 

12:15になった瞬間僕は席を立ち、事務所を出る。

マクドナルドでチーズバーガーとコーラのコンビをオーダーし

二階の窓際の席に着く。イヤホンをする。Twitterを眺める。

12:45には会社のトイレに篭り休む。泣きたい時は泣く。

 

13時に座席に戻ると、付箋が画面に無造作に貼り付けられていた。

 

サイバシステム山田様まで折り返し

 

折り返し先の電話番号が分からないんだが。

そしてこれは誰がはったんだ。

要件は? 

 

なんてこと周りに聞けるはずもなくメールの履歴から

山田の電話番号を探す。

 

が見つからない。

営業のくせに署名に自分の電話番号を入れていない。

お前は殿様か。とか愚痴はその辺にして探すのは諦めた。

 

仕事は山ほどある。

今日は何時に帰れるんだろう。

 

そうだ今日は19時までには帰ろう。

明日早く来ればいいじゃないか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ー時計の針は既に23時を廻っていた。

 

早く帰ろうという思いが強い時ほど、突発案件が降ってくるのは

なぜだろう。神様は本当にクソだ。

 

社会に出て最初に学んだことは、誰も助けてはくれないということ。

 

二番目は人はいくつになっても感情で行動するということだ。

 

ビジネスであろうと意思決定はまず感情のふるいにかけられて

そのあと理屈で固められる。

 

それは40代、50代の人間にも言えると僕は思う。

 

 

人当たりはいいが仕事ができない人

人当たりは悪いが仕事はできる人

 

出世するのは前者だ。

 

仕事を途中で切り上げてでも上司と飲みにいくやつが出世する。

世界は感情で回っている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

何でこうなってしまったんだろう、これからどうやって軌道修正

していけばいいんだろう、と帰り道ぼんやり考えるが、

脳が早く寝ろと命令している。どうしても眠い。

 

 

家につくと、スーツのままでベッドに

入り、そのまま気を失ってしまった。

 

続く