読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

《和訳》椎名林檎:17

f:id:seenewworld8:20150923152726j:plain

now i'm seventeen

my school is in the country

students wear trainers

read the same magazins

now i'm seventeen

my school is getting tiresome

teachers-they're so young

singling me out

私は17歳

高校は田舎にあって

ジャージを着て皆同じ雑誌を読んでる

私は17歳

学校には退屈してきたころ

子供みたいな教師たちは

私を変人扱い

only like philosophy & after school the time

that's what i call my own time

nice girls meet nice boys end of school day

while other girls go strait home

talking 'bout soaps'n' that

哲学と放課後だけが好きで

それが自分の時間と呼べるもの

素敵な女子と素敵な男子が落ち合ったり

せっけんが何だとか他の女子が話しながら

家路に着くとき

i go home alone

like it watching the nameless people

surfing subways, travelling somewhere

“・・・nowhere・・・"

独りで家に帰るの

道行く人たちを眺めるのが好きで

地下鉄とかどこでもないどこかを

あてもなく彷徨いながら

now i'm seventeen

i do not have a title

depend on no one else

busy being kind

私は17歳

夢なんて特にないけど

誰にも頼らずに

自分のことで精一杯

only like philosophy & after school the time

that's what i call my own time

nice girls meet nice boys end of school day

while other girls go strait home

talking 'bout soaps'n' that

哲学と放課後だけが好きで

それが自分の時間と呼べるもの

素敵な女子と素敵な男子が落ち合ったり

せっけんが何だとか他の女子が話しながら

家路に着くとき

i go home alone

and have dinner in my sweet home

praying again, again & again

独りで家に帰るの

いとしい我が家で夕食を食べる

何度も祈りながらさ

i see the same faces in school 

& they say that i am different

i think it's an honour

i say it's an honour to B diffrent

i can't go their way

学校には似たようなやつしかいない

みんな私がおかしいと言うんだけれど

それは勲章だと思ってる

みんなと違うのは、誇らしいんだって

あいつらみたいには生きれないよ

surfing subways, travelling somewhere

“・・・nowhere・・・”

地下鉄とかどこでもないどこかを

あてもなく彷徨いながら

i go home alone

and have dinner in my sweet home

praying again, again & again

“・・・peace・・・”

独りで帰るの

いとしい我が家で夕食を食べる

何度も祈りながらさ

now i'm seventeen

“・・・seventeen・・・"

私は17歳

17歳

now i'm seventeen

“・・・seventeen・・・"

私は17歳

17歳

 

 

 (デビュー当時の椎名林檎さん(20))

 

 

 

EDMが好きとか言って最近リア充ぶってますが一番好きな

ミュージシャンは椎名林檎です。

 

椎名林檎が好きという人の特徴》

・こじらせている

・彼氏彼女がいない

・周りとうまく馴染めない

・こじらせている

・周りと違う感性を持つ自分がカッコイイと勘違いしている

・マイナス思考

・こじらせている

・ひとりでいることが多い

 

私はこんな↑人間。

 

ともあれ椎名林檎は世界に誇れる日本一のミュージシャンだと

思ってます。かわいいし。東京オリンピックで是非歌ってほしい。

 

 

で今回和訳してみたのは椎名林檎が自身の高校時代を

歌にした17という曲で

 

ぼっちだけど、あいつらみたいなつまらないやつ

には死んでもなりたくないね!

 

というとても切ないながらも骨のある曲。

 

椎名林檎の曲は全て聞いているけどベスト5には入るくらい

好きな曲です。

 

理想の高校生活とは真逆の過ごし方をした自分なので

こういう暗い曲の方がしっくりきます。

 

泣いてしまう。切なすぎて。

 

元ネタはこの曲

 

 

Janis Ian - At Seventeen (Live, 1976)

 

 

 

 

 

<div class="player-unavailable"><h1 class="message">エラーが発生しました。</h1><div class="submessage"><a href="http://www.youtube.com/watch?v=VMUz2TNMvL0" target="_blank">www.youtube.com</a> での動画の視聴をお試しください。また、お使いのブラウザで JavaScript が無効になっている場合は有効にしてください。</div></div>

www.youtube.com

およげ!対訳くん: At Seventeen ジャニス・イアン (Janis Ian)

 

 

17はカップリング集であるこのアルバムに収められています。

www.amazon.co.jp