読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋は諸行無常。

音楽、ナンパ、思想

浮気も整形も所詮他人事。

真面目系

〜街角の声〜

f:id:seenewworld8:20150829141437p:plain

 

浮気について。

『理由はどうであれ結婚してるのに別の女性と関係を持つ男なんて考えられません』

(40代女性/主婦)

『旦那さんが夜遅くまで頑張って働いているのに他の男と寝るなんてサイテー』

(10代女性/学生)

『子供までいるのに別のパートナーと遊ぶ人は結婚する資格ないと思います』

(30代男性/金融機関勤務)

 

f:id:seenewworld8:20150829141510j:plain

 

整形について。

『親から貰った体にメスを入れるなんておかしい』

(20代女性/商社勤務)

『そもそもそんなに顔って重要ですか?』

(50代男性/コンサル勤務)

『いつか貴方の顔を好きになってくれる人と必ず会えますから…』

(60代女性/無職)

 

っと浮気と整形に対するイメージはこんなイメージかなと思いますが…

 

私はそんなの個人の自由だろと思います。

 

まず両者とも犯罪ではない。

 

そしてリスクは全て本人が背負う。

 

なので赤の他人が口出しする必要ある?と思います。

 

私だったら

 

別にいいんじゃね?自己責任だし。

 

と答えます。

 

政治学で似たような考えがあります。

 

リバタリアニズム(自由至上主義)です。

 

超簡単に言うと、とにかく人に迷惑かけない範囲で好き勝手やっていいよ。

その代わり何かあっても助けないからな、っていう思想。

 

例えば日本では麻薬は禁止されていますがリバタリアニズム

ではこれを容認しています。考えとしては、

 

俺に迷惑かけないならドラッグやってもいいよ。ただしお前がシャブ中のジャンキーになっても税金使ってお前を更生施設に入れて保護したりしないから勝手に死んでね!

 

っていう身も蓋もないもの。政治的には限りなく国家からの自由を提唱し、社会保障とかいらねーから徴税すんなよ!あと公務員サービス悪いから全部民間に変えて!っていう自由度高めの思想。

 

f:id:seenewworld8:20150829141840j:plain

リバタリアニズムはしばしばカウボーイの思想と例えられる。

自分で稼ぐし自分の身は自分で守るから税金とか払わせんなよって

いうマッチョイズム。 勉強好きな人はウィキ読んでみて。

リバタリアニズム - Wikipedia

 

浮気も整形も私はこの考えに倣って

 

自己責任だから関係ないじゃん。

 

と思います。

 

浮気の場合。もしバレたら離婚、家庭崩壊のリスクは当然あるがそれを上回る快楽があるから浮気をしているわけでそれを外野が批判するのが意味不明。

 

もとい、整形だって手術が必ず成功するわけではないし、もしかしたら顔面が崩壊するリスクだってあります。お金をかけて仮に手術が成功しても定期的にメンテナンスが必要。整形する人はそこまでのリスクを全部一人で背負うのかと思うと結構勇気あるな、とすら思います。

 

当人はリスクを認識しつつ自己責任でやってるんだから外野が口を挟むのは意味不明。

 

というか恐らく自分がそういうリスクを犯せないと気づいているから、浮気とか整形とかして楽しそうにしている人を見ると妬ましく思い、皆やってないから〜とか世間的に〜とか、よく分からない常識を盾にして批判をするのだと思います。

 

現場からは以上です。